競馬

京都牝馬ステークス

競走馬

京都牝馬ステークスとは、JRAが京都の伏見区にある京都競馬場で施行する中央競馬の重賞レースです。 1966年に当時4歳以上の牝馬による重賞競走として京都牝馬特別として創設し、2001年に京都牝馬ステークスと名称を変更しました。 創設当初は京都競馬場の芝2000mで秋に行われましたが、1968年に芝1600m(外回り)に短縮し、2016年には芝1400m(外回り)まで短縮されました。 そして1983年に開催時期を秋から冬に変更し、5歳(現4歳以上)の牝馬限定戦と変更されていき現在に至ります。 また、外国産馬は1992年、外国馬は2005年からそれぞれ出走可能になりました。 2006年には春の古馬牝馬チャンピオン決定戦「ヴィクトリアマイル」が新設されました。 その事により、京都牝馬ステークスもこのレースに向けた古馬重賞路線を担う重要な一戦となりました。 京都牝馬ステークスは牝馬という条件だけでは出場できず、サラブレッド系の4歳以上の牝馬でJRA所属の馬もしくは外国調教馬である事が出走資格になります。 また、負担重量(騎手や鞍などの総重量)も日本馬と外国馬とで決められています。 そして賞金は、2016年2月に開催された時で1着・3500万円、2着・1400万円、3着・900万円、4着・540万円、5着・360万円となっています。