競馬

菊花賞

メンコを付けて走っている競走馬

菊花賞(きっかしょう)は、1938年から開催されており、京都競馬場で施行されている重賞レースです。 レースの名前になっている「菊花」とは、字のまま菊の花を指し、レースはイギリスの長距離適正を審査するレース「セントレジャーステークス」をお手本にしているそうです。 創設当初は「京都農林省賞典四歳呼馬」という名前で開催しており、1948年に現在の名前に変更されました。 そして、菊花賞の前後に創設された現在の皐月賞や日本ダービーと共に日本のクラシック三冠競争を確率しました。 菊花賞はクラシック三冠競走の最終戦として行われており、スピードとスタミナを兼ね備えた上でスタート直後の「淀の坂」と呼ばれる坂を2度も超えなければなりません。 また、3000mの長丁場を克服する事が求められ、「最も強い馬が勝つ」と称されています。 ちなみに皐月賞は「最も速い馬が勝つ」、日本ダービーは「最も運の強い馬が勝つ」と称されています。 スタミナを求めるため出走資格はサラブレット系の3歳牡馬・牝馬とされており、せん馬(去勢されている馬)は出走できません。 過酷なレースになので競走馬の身体の強さと最後まで走りきる根性と闘争心を求められてるので、見ている人達も手に汗握る競馬の花形と言っても過言ではない重賞レースになっています。